毎日の食事のメニューを考え、買い出しにでかけそれから料理を作る。せめて買い物だけでも時間が省けたら楽なのにと思ったことはありませんか?

そんな主婦の味方が食材宅配サービスです。

ここでは、どこの食材宅配サービスが一番いいのか知りたいという方のために、人気の食材宅配サービスを徹底比較してみました。

初めて利用する方も、別会社のサービスに変えようか悩んでいる方も参考にしてみてください。

人気食材宅配サービスを徹底比較

おすすめの食材宅配サービスランキング

どの食材宅配サービスも似たようなサービス内容でどこにするか迷っている方のために、さらにサービス内容を掘り下げておすすめの食材宅配サービスをランキングで紹介します。

オイシックス(Oisix)

オイシックス(Oisix)は、「自分の子どもに食べさせられる野菜作り」の安心をモットーに、農薬を極力使用せず有機質肥料を使用して栄養たっぷりの野菜や果物を提供しているオイシックスです。

中でも、栄養バランスを考えた主菜と副菜が20分で作れる「KitOisix」シリーズのミールキットは特に人気で、毎日献立を考えずにすむため、仕事や子育てに忙しい主婦に人気です。

また、手軽にスマホアプリで注文もでき、土日配達も行っているため、幅広い生活パターンに対応しています。

食材も4,000種類以上の取扱いがあり、自由に組み合わせが可能です。家族の人数似合わせ、数量を変えて注文ができるため、小さなお子様がいる家庭からシニア世代まで多くの方に選ばれています。

手軽に品質の高い食材が良いという方におすすめです。

時短キット取扱い有り安全性高い
価格帯高め配達料金無料〜500円
(購入金額により異なります)
入会金・年会費無し配達曜日土日配達有り

コープデリ・おうちコープ

コープデリ(エリア:東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、新潟、長野)は、生協がコープ商品の配達を行っている食材宅配サービスです。※神奈川県・静岡県・山梨県エリアはおうちコープという名称になります。

コープデリで取り扱う商品は、ミールキットはもちろん月齢別のベビーフード、アレルギー対応食品、宅配弁当など取扱商品の種類が6,000品目以上(※おうちコープは2800品目)と豊富なのが特徴です。

また、宅配食材では珍しくワケありセールなどの実施しているので、「宅配食材=高い」というイメージを覆してくれる価格です。

すべての商品で使っている食材は「産直」にこだわっており、生産者と組合員のつながりをもつことで、食材の品質と安全性は高いものとなっています。

もともとスーパーとしても店舗を構えているのと、送料などが他の食材宅配サービスよりも安いことから、初心者でも始めやいのと、赤ちゃんや小さなお子様を連れてスーパーに買い物に出かけるのが大変という方におすすめです。

時短キット取扱い有り安全性高い
価格帯安い配達料金180円〜200円
(条件によって割引有)
入会金・年会費出資金500円〜1,000円
(地域によって異なります)
配達曜日月〜金曜日
(週1回)

わんまいる

わんまいるは調理済みのおかずが冷凍で届く冷凍惣菜サービスです。冷凍といえば、輸入野菜などを使用し、味も美味しくないイメージですが、わんまいるの食材宅配はすべて国産のみのものを使用しており、味も「冷凍なのにだしの効いた味」として人気です。

「簡単×おいしい×健康」をコンセプトに、献立てを考えることから買い物の負担、料理まですべてわんまいる一つで完了するため、時短に特化した食材宅配サービスとしてNHKなどにも取り上げられました。

おかずセットは、管理栄養士が考えた1食あたりカロリーが400kal以下、塩分が3.5以下の主菜1品・副菜2品になります。

シニア世代だけでなく、栄養がバランスが気になる一人暮らしの方や、カロリーを抑えたい方にも人気です。また、おかずだけでなく全国各地の有名店料理のお取り寄せやスイーツなども注文できます。

時短キット種類の充実だけでなく、品質と味にこだわる方もわんまいるがおすすめです。

時短キット取扱い有り安全性高い
価格帯高め配達料金冷凍配達で850円
(北海道、沖縄は1,950円)
入会金・年会費無料配達曜日土日配達有り

パルシステム

スーパーのように、野菜やお肉、冷凍食品から日用品までネットやアプリから気軽に注文できます。配達エリアは東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城、栃木、群馬、福島、山梨、静岡、新潟のみとなります。

食材はすべて農薬などを極力使っていない生産地や生産者、出荷管理まで明確な「産地直送」のものだけを取り扱っているため、品質も安全性も高いものとなっています。

時短キットの「晩ごはん」は、下ごしらえや味付けが済んだおかずを10分程度調理するだけの、いざという時のストックおかずとして人気です。

また、赤ちゃんのいる家庭で大変なのが離乳食の下ごしらえです。そこでおすすめなのが冷凍キューブタイプの離乳食で、月齢によって必要な量のみ温めればあっというまに完成します。

スーパーだと産地が不安という方や、共働きで晩御飯の仕度が間に合わないという方におすすめです。

時短キット取扱い有り安全性高い
価格帯普通配達料金180円〜200円
(地域によって異なります)
入会金・年会費無料配達曜日月〜金曜日

ヨシケイ

ヨシケイは、その日その日に必要な人数分の食材を毎日届けてくれるサービスです。カット済みの野菜やお弁当など、すぐに調理できて食べられる時短キットが人気です。

とくに人気なのが「すまいるごはん」で、一人1食あたり300円という安さで栄養バランスが整った食材がレシピ付きで届いたり、カロリー計算されたヘルシーメニュー、弁当も注文可能です。

ヨシケイを利用すれば、仕事終わりにも日々の献立に悩まなくて済みます。

時短キットの「キットde楽」は、ワーキングマザーや子育て中のママ、料理が苦手な方でも子どもに食べさせたいお魚料理などが簡単に作れます。

食材の品質は、独自の品質基準と外部の検査機関によるダブルチェック体制で行っているおり、常に品質衛生管理の維持向上を目指しています。

しかも、配達無料で全国区に対応しているため、食材宅配で配達料を気にしないで利用したい方や、1日単位でその都度注文したい方におすすめです。

時短キット取扱い有り安全性普通
価格帯安い配達料金無料
入会金・年会費無料配達曜日月〜金曜日

食材宅配サービス選び方

様々な食材宅配サービスを紹介しましたが、そのサービスにするかの選ぶポイントとしては以下を押さえておけば失敗しません。

  • 価格は高すぎないか
  • 配達料はいくらか
  • 商品の品揃えは豊富か
  • 安全性は高いか
  • 注文方法がわかりやすいか
  • 配達頻度が合っているか不在時の保管対応

価格だけで選ぶのではなく、自分の生活スタイルにあった食材宅配サービスを選ぶようにしましょう。

ここにも注目!

意外と確認し忘れがちなのが、注文方法が簡単かどうかという点です。紙カタログを使用して注文する方法から、スマホアプリを使って外出先でも簡単に注文できるところもあります。

ネットスーパーと食材宅配の違いは?

食材を自宅の玄関前まで運んでくれるサービスはどちらも同じです。ではこの2つの違いは一体何なのか、それぞれの特徴とメリットとデメリットについて説明します。

ネットスーパーは、スーパーに並んでいる食品をそのまま配達してくれるサービスです。ミールキットなどはないので、予め自身で献立を考えておかなくてはいけません。

また、品質も国が定める基準はもちろんクリアしていますが、海外からの大量輸入でコストを下げているため食材宅配よりは安全性が劣ります。

食材宅配は食材の産地から出荷まで独自の厳しい基準を通過した食材のみを提供するサービスです。さらに、栄養管理士や有名ホテルの料理長が考えた本格的な献立や味付けを楽しめます。

ネットスーパーのメリット・デメリット

まずは、ネットスーパーのメリット・デメリットを見てみましょう。

ネットスーパーのメリット

    • 低価格(チラシ特価品も購入できる)
    • 食材から用品品まですべて揃う
    • 必要なときだけ利用できる

最大のメリットは価格が安いということと、食材以外の洗剤などの日用品も購入できるところです。特に小さなお子様を連れながら、スーパーでおむつやお米を購入するのは大変です。大型食材や日用品を自宅まで届けてくれるというところが大変助かります。

ネットスーパーのデメリット

    • 産地が国名しか記載されていない
    • 献立を考えないといけない
    • 配達地域が近隣のみに限定される
    • 不在の際の保管ボックスが無いため自宅で居なくてはいけない

デメリットとしては、やはり食材の安全性です。冷凍食品のパッケージなんかを見ると、原産国は乗っていますがそれ以外の情報はありません。国基準の安全性は確保されているとはいえやはり心配です。

食材宅配のメリット・デメリット

次いで、食材宅配のメリット・デメリットを見てみましょう。

食材宅配のメリット

    • 食材の安全性が高く安心
    • 金額の計算がしやすく、買いすぎがない
    • 献立を考えなくていい(時短キット、レシピ付きの場合)
    • アレルギー配慮メニューがある
    • 不在時でも保管ボックスなどで対応してくれる

食材宅配の最大のメリットは、食材品質の高さと安全性の高さです。スーパーより数百円プラスするだけで新鮮な野菜や味付けが済んだ時短キットが玄関先まで届くので、仕事が忙しく時間があまりない方や、安全で美味しい食事を子どもに食べさせたいと考えるママの強い味方です。

食材宅配のデメリット

    • 価格が高い
    • 定期的な契約が必要
    • 食材を手に取って確認できない
    • すぐに欲しいときに注文できない

デメリットとしては、やはりスーパーの食材よりは価格が高いことです。しかし品質がいいものにはそれなりのコストがどうしても掛かってしまうものです。

また、スーパーでは価格が安いとついついいらないものまで買ってしまうことはありませんか?食材宅配サービスなら予め必要な分の食材のみがレシピ付きで自宅に届きますので、冷蔵庫がギュウギュウになることもなく、食材の賞味期限切れで破棄しないといけないなんてこともなくなります。

食材宅配の利用方法

利用したい食材宅配サービスが決まったらいよいよ申し込みです。ここで一般的な食材宅配サービス利用開始までの流れを紹介します。

利用の流れ

STEP.1
お試しセットか資料請求できるところを選ぶ
お試しセットや資料内容を見て自分に本当に合う食材宅配サービスか確認します。
STEP.2
申込みをする
利用したいサービスが決まったら申し込みます。お試しセットの場合はそのままインターネットから申し込みます。資料請求の場合は同封されている申込書を郵送するか、ネットから申し込みます。
STEP.3
買いたい商品を選ぶ
資料に入っている紙のカタログか、ネットやアプリから注文商品を選びます。(お試しセットの場合は商品が決まっていまることが多いです。)
STEP.4
配達曜日を指定する
配達可能な曜日や時間を確認し指定します。
STEP.5
商品が自宅に届く
家の玄関に食材が届きます。

まずはお試しセットを申し込みましょう。ただ味やサービスを確認できるだけでなく、通常よりお得に商品を購入できたり、送料3ヶ月無料など様々な特典を受けることができます。

また、より詳しい話が聞きたい方は、資料請求を依頼して実際に食材を配達している配達員さんに自宅まできてもらうか、電話での申し込みも可能です。

そういったのが煩わしい場合は、インターネットからの申込みましょう。

食材費以外の費用

商品以外の費用もいくらかかるか予め調べておきましょう。入会金として例えばコープデリの場合だと出資金として500円〜1,000円程度の費用がかかります。※退会時に返金

また送料・配達にかかる手数料は通常一回300円未満のところが多いですが、冷凍配達だと一回1,000円前後かかることもあります。

しかし、一定の金額以上購入すれば送料無料といった割引制度もあるのでぜひ確認してみましょう。

食材の受け取り方法

オイシックスなどのヤマト郵便で受け取る方法か、コープ・デリのように配達員が直接玄関先まで届けてくれます。

不在の場合は再配達を依頼するか、保管BOXや専用カバーを付けて玄関先で置いててもらうこともできます。

退会方法

基本的にはすでに発送してしまっている商品を除き、いつでも解約ができます。退会方法は、電話やネット上でログインすれば簡単に退会が可能です。

また、思ったより食材が余ってしまったりした場合などでも、ネット上で配達日を変更したり、指定日までに連絡すればキャンセルすることも可能です。

食材宅配サービスで楽チン健康食生活を

食材宅配サービスは、全体的なコストが高いイメージがしたり、家族に出す料理を手抜きしていると思われたくないなど、以前までマイナスなイメージが強く、あまり需要が高いとは言えませんでした。

しかし、食材ひとつあたりの価格は確かにスーパーより高くなってしまいますが、献立や栄養バランスをプロに考えてもらっていると思えば案外安いと感じるのではないでしょうか?

また、高齢化や子育て中のママ、独身で長時間働く女性が増えている現代では、時短になる食材宅配サービスがテレビなどにも取り上げられ利用者も増加傾向にあり、今後もさらに需要が上がるサービスと言えるでしょう。

さらに、食材宅配サービスを利用することで、買い物や料理という家事の時間が短縮され「家族と過ごす時間が増えた」という方や、「無駄な買い物をしなくなってかえって節約になった」という声もあります。

健康な食事をがしっかりと摂れ、時間と心にゆとりが作れるよう自分の生活リズムに合った食材宅配サービスを選ぶようにしましょう。