【蜂蜜が風邪にどれだけ効くのか検証!】栄養成分から分かる効果効能

蜂蜜が持っているパワーで風邪を撃退する事ができるのでしょうか!?そのまま食べたり飲み物に入れたり料理に使ったり…便利に使える蜂蜜。

ただ甘いだけでは無く、蜂蜜ならではのあの独特な味は、子どもから大人まで美味しく食べる事ができる食品ですね。

昔から蜂蜜には薬効のようなパワーがあると言われてきましたが、そのパワーを蜂蜜の栄養分から具体的に検証して分かりやすくご紹介します。

蜂蜜を風邪のときに食べたり飲んだりしても大丈夫?

蜂蜜を風邪の際に摂取してももちろん問題はありません。(アレルギーなどがある方は注意)

むしろ少しの風邪かな?と思う症状が出たら摂取することをおすすめします。

風邪のひきはじめなどに蜂蜜が効果的なのは、アメリカなど海外でも論文が発表されているほどです。

薬にも勝る効果があると言われています

蜂蜜には高い栄養価が含まれていて、それらの栄養素からは優れた殺菌効果や疲労回復効果があるため、風邪の時に飲む事で薬に勝るとも劣らないパワーがあると言われています。

口内炎や喉の痛みなどの粘膜の炎症や咳を止める効果などもあり、つらい時にはすぐにそのまま食べる事ができるという点からもとても便利に利用する事ができます。

料理ではお砂糖の代わりに使えたり、お菓子作りでも大活躍。ホットドリンクとしても蜂蜜レモンは人気の飲み物ですね。

色々な取り入れ方ができるので、毎日の食卓で楽しむこともできます。

ただし、蜂蜜を健康のために食べるのなら、そのまま食べるのが一番ということを頭に入れておきましょう。

毎日の料理に取り入れて免疫UP!

体の免疫力も上がるので日頃から少しずつでも料理などに使うことで、風邪予防の効果にも繋がっていきます。

蜂蜜が風邪に有効と言われる5つの理由

実際風邪に対して、蜂蜜がどのように作用するのかその具体的な効果について紹介します。

1

ウィルスを撃退できるパワー

蜂蜜の甘さには殺菌力の効果があるパワーが秘められているのをご存知ですか?

蜂蜜に含まれている濃度の高い糖分には、ウィルスなどに含まれている水分を減らし繁殖作用が抑える事ができる効果があります。

また、グルコン酸という有機酸が多く含まれていて腸内環境を整えて免疫力を上げる効果を持っています。

免疫力が上がる事で更なるウィルス撃退パワーも強化され、殺菌作用とダブルの効果で、風邪対策に強力な効能となります。

2

咳を止めたい時も蜂蜜が有効

蜂蜜には抗酸化作用や抗菌効果があるので、喉の奥で起こっている症状を緩和させる効果があると言われています。

この作用は咳止めの効果もあり、小児用の咳止め並みの効果があるという風にも言われています。

風邪の時の辛い症状の中でも咳は苦しいので不快感が多く、咳き込む事で眠りにつけなくなり、免疫力も下げてしまいます。

古くから咳止めとしての効果は一般的にも認められていて、咳止めシロップの代わりとして使えるほどの薬効があると言われています。

3

蜂蜜は喉の痛みを和らげる

スーパーなどの飴売場で蜂蜜入りののど飴を見た事はありませんか?

一般的に市販されているのど飴にも蜂蜜はどんどん使われていて、喉の痛みを和らげる効果があるという事はすっかりお馴染みですね。

これは蜂蜜の殺菌効果が、喉の奥の痛みを和らげてくれるので、蜂蜜をそのまま飲む事でかなり効果が早く実感できます。

粘膜の炎症なども抑える効果がある事から、喉の痛みを早く抑えたい時にはおすすめです。

4

疲労回復効果で免疫力を上げる蜂蜜

蜂蜜には豊富な栄養分が含まれていて、その栄養分は体への吸収がとても早く、即座にエネルギーになり疲労を回復させる効果があります。

激しい運動の後に、プロのアスリート達も蜂蜜を使ってエネルギーの補充や疲労回復を行う事でも知られています。

この疲労回復効果は風邪の時もとても重要であり、免疫力を上げる効果に繋がって行きます。

風邪の時は体をゆっくり休ませて、体力を回復させるのが基本となりますが、蜂蜜はそのサポートをしてくれる食品なのです。

5

お腹の風邪にも効果的

蜂蜜にはグルコン酸が多く含まれていますが、この成分はビフィズス菌を増やしてくれる効果のある唯一の有機酸と言われています。

ビフィズス菌は健康的な生活を送る上では重要な働きを持っていて、癌の生成を抑えたり体の免疫力を上げる効果もあります。

そして腸の調子を整えてくれる効果があるので、お腹の風邪で腹痛や下痢などがある場合にもとても効果的です。

蜂蜜を風邪のとき食べたり飲んだりする際の注意点やデメリット

風邪症状に対して蜂蜜が効果的なことを説明してまいりましたが、ここで注意点やデメリットについて紹介します。

特に乳児に与えるのは危険なので、ここでしっかりと目を通しておきましょう。

1歳未満の子にはあげられません

蜂蜜は健康維持にぴったりな食品で、風邪予防としてもどんどん食卓に取り入れていきたい食品なのですが、1歳未満の乳幼児が口にすることでボツリヌス症が発症する恐れがある事から、一般的に蜂蜜を与えないようにと言われています。

ボツリヌス菌は酸性では発芽する事が無いので、大人の体内では摂り入れても安全なのですが、乳幼児の様な未発達な状態の体内では発芽してしまう危険性があるからです。

注意
風邪予防のために料理に取り入れる場合は、乳幼児の分だけはお皿に分けて蜂蜜が入らないよう工夫する事も必要です。

加熱処理されていないものを選ぶ

蜂蜜は特に加熱処理を行わなくても長く日持ちのする食品なのですが、瓶詰や容器に入れる過程に於いて加熱している状態の方が効率が良いという事で加熱されてしまっていたり、水分を飛ばす過程で時間を掛けた熟成方法を取らずに加熱によって一気に水分を飛ばしたりすることがあります。

加熱してしまうと風味が損なわれてしまうのもありますが、せっかくの体に良いと言われているビタミンなどの成分が壊れてしまいます。

風邪の時は、出来るだけ加熱処理されていない純粋な蜂蜜を選んで食べた方が、効果も出てきやすく栄養もしっかり摂れます。

純粋な蜂蜜かどうかを見分けるのは少し難しいのですが、やや濁った色をしていて少しゆらしてやると発酵による泡が出て来たり、寒い所に置いておくと固くなったりします。

公正取引マークが付いているものであれば、間違いなく純粋な蜂蜜です。

ホットドリンクにするのはNG

蜂蜜入りのホットドリンクはよく目にしますね。カロリーがお砂糖より若干少ないので、ダイエット中の甘味料として使うのに、紅茶に入れる事も多いですね。

よく蜂蜜レモンにしてホットで飲むのも人気ですが、実はこれは風邪の時にはNGなんです。

先ほどの加熱処理と同様、蜂蜜は加熱するとせっかく豊富に含まれているビタミン類が壊れてしまい、食べても殆どビタミンが体の中に入る事がありません。

ビタミンは風邪を治す上でも、風邪予防をする上でもとても必要な栄養分なので、是非とも摂り入れたいところです。

熱い飲み物に入れる事で加熱された状態と同じ状態になるので、風邪の時に蜂蜜を食べるのならばそのままの状態で食べるのがおススメなのです。

トーストにかけて食べたり、食後にスプーンでデザート代わりに食べたり。風邪の時だけはそんな工夫をしてそのまま食べるようにしてみてください。

風邪のときにおすすめの蜂蜜のレシピ

ここで、蜂蜜の活用方法として蜂蜜入りレシピを紹介します。風邪で食欲がないときなどにおすすめです。

蜂蜜のアレンジの仕方がよくわからないという方も、ぜひ参考にしてみてください。

蜂蜜大根

はちみつ大根の作り方

小さめに切った大根とお水と蜂蜜をミキサーにかけてサラサラな食感になったら出来上がりです。

数分後には大根の苦みや辛みが出てくるので、なるべく時間を置かずに直ぐに飲み切ることがポイントです。

大根と蜂蜜の組み合わせは喉に良いという事で愛飲されている歌手も多いほど。ちょっと喉の調子が変だなと思った時には早速試してみてください。

効果

大根にも免疫力を高めたり発熱に効果があったりと、風邪には強い味方となってくれる成分がたくさん含まれています。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/37505/recipe/267841

蜂蜜生姜

はちみつ生姜シロップの作り方

生姜はきれいに水で洗って皮の汚れを落とします。そしてそのまま皮を剥かずに薄めにスライスしていきます。

熱湯で消毒した清潔な瓶に、蜂蜜と生姜を入れてかき混ぜます。

そのまま室温で三日ほど置けば完成です。炭酸と割ることで自家製ジンジャーエールになったり、ちょっと寒い日には紅茶に入れたりもできます。

効果

体が温まる生姜のエキスが詰まっているので免疫力も高めてくれます。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/12627/recipe/902951

蜂蜜とバルサミコ酢

疲労回復に!はちみつバルサミコ酢ドリンクの作り方

バルサミコ酢と水と蜂蜜を混ぜて作ります。コップ一杯にバルサミコ酢は大さじ1杯程度で大丈夫です。

これは酸味が苦手な方だと水の量を多めにしたりして味の調整をお好みで変えてみてください。

効果

風邪による疲労を回復してくれたり、お酢の効果で血流を良くして体を温めてくれる効果もあります。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/52392/recipe/776863

毎日の蜂蜜摂取で免疫アップ

まるで薬の様に風邪に対する効果がある蜂蜜。時には薬以上の効果が期待できます。風邪をひいたときだけでなく、風邪のひきはじめや風邪予防としても日々の料理に蜂蜜はおすすめです。

積極的に毎日スプーン2杯くらい取り続けることで体の免疫がUPするので、なるべく純粋の蜂蜜をそのままで摂取するようにしてください。

ただ1歳未満のお子さんにだけは食べさせないように注意することと、ホットドリンクなど熱いものと組み合わせないように気をつけてください。

手軽に入手できて風邪に効果的な蜂蜜は一家に1つは常備用で置いておくとよいでしょう。